勉強が苦手な子への対処法

勉強が得意な子、不得意な子。

個々で事情は異なります。

足が速い子、絵がうまい子、歌がうまい子。

こうした特徴と同じです。

もっとも、学校では、受験では、算数や国語、英語といった教科の勉強の力が要求されます。

そこで今回は、勉強が苦手な子への対処法というテーマでまとめていきます。

1 好き嫌い?

勉強が好きな子。

あまりいないのではないでしょうか。

勉強は、「勉めて強いる」と書きますので。

何か辛いこと、大変なこととのマイナスイメージがつきがちです。

本来勉強とは、人間の知的欲求を満たし、人生をより豊かにするものであるはずですが…。

子どもが勉強をしていくうえで必要なことは、勉強自体を嫌いにならないこと。

小学校時代に嫌いになってしまった科目が、中学校や高校で好きになる。

あまりないのではないでしょうか。

2 対処法

では、どうすべきか。

ポイントは2つあります。

1つ目は、長所を伸ばすこと。

誰でも好きなこと、興味のあることがあります。

それを伸ばすこと、まずはそれに打ち込ませることが必要です。

苦手なこと、嫌いなことに取り組むのはそのあとで問題ありません。

2つ目は、成功体験を積ませること。

できるようになる、達成感がある。

そうした経験や体験が不可欠です。

教科の勉強でも、各々は別個ではなく、つながっていることも多々あります。

上手く行ったことをほかで使う。

そんなこともできるかもしれません。

3 まとめ

無理やりやらせる。

必要な場面はゼロではないでしょう。

もっとも、嫌いになる、マイナスイメージがつく。

そのようになってしまうと、逆に遠回りになります。

まずはできることを増やす、長所を伸ばす。

意識していきたいですね。

前の記事

反復のコツ

次の記事

目標・ゴール