ケアレスミスを減らす方法

ケアレスミス。

 

日本語で言うと、不注意な間違い、となりますが。

 

テストではケアレスミスが命取り。

 

せっかく勉強をして、いろいろなことを覚えても、テストでミスをしてしまっては得点につながりません。

 

私はよくケアレスミスをしてしまうから…。

 

こう思い込み、ケアレスミスを繰り返してしまう人も多いかもしれません。

 

もっとも、意識をし、訓練をすることで、ケアレスミスは減らすことができます。

 

そこで今回は、ケアレスミスを減らす方法というテーマで、まとめていきます。

 

1 ケアレスミスを減らすためにできること

 

では、具体的に出来ることはなんでしょうか。

 

2点ご紹介します。

 

1つ目は、普段の勉強の中で、自分が犯しやすいミスをノートにメモしまとめることです。

 

人間は忘れる生き物です。

 

忘れないためにどうするか。

 

メモをすること、ノートのまとめておくことが大切です。

 

テスト直前にできることは限られています。

 

暗記系のものを頭に詰め込むなど、勉強すべきことは多いでしょう。

 

ケアレスミスを減らすためには、普段の勉強時から自分の特徴や、ミスをしやすいところを押さえていく必要があります。

 

2つ目は、テスト直前に確認することです。

 

普段の勉強時にまとめた内容を、テスト前の最終チェックとして、テスト直前にも確認をしましょう。

 

自分が間違いやすいところがまとめられているわけですから、ケアレスミスを減らす強力な武器として役立てることができます。

 

ノートは作って終わりではなく、活用しなければなりません。

 

直前に見直すことにより、テスト本番でのミスを減らしていきましょう。

 

2 できることから着実に

 

ケアレスミスは、意識しなければなかなか減りません。

 

逆に言うと、意識をすることで減らすことができます。

 

自分で作ったノートは、貴重です。

 

学校のテスト勉強のみならず、受験勉強をする際にも有効活用できます。

 

普段からできることをコツコツとやっていきましょう。