学習塾・家庭教師の留意点

これは全ての学習支援に言えることと思いますが、最も大切なのは、塾や家庭教師に丸投げしないことです。

塾や家庭教師が1教科に割けるのはせいぜい週1回ですから、その本分は自宅学習の支援になります。
一人では勉強の計画が立てられない、計画どおりに進められない、わからない問題があったときにどう調べたらいいかわからない、学校の授業だけでは十分に理解できなかったなどの問題を抱えている時にプロによる学習支援は有効です。

しかしそれはあくまでも日々の学習をより円滑に進めるための支援であり、そこで授業を受けてさえいれば自然に成績が上がるものではありません。
成績向上のために最も大切なのは日々の学習です。

自宅学習をしない(できない)場合、個別指導ならそれを前提に授業を進めることもできなくはありません。
しかしその場合、習ったことを自宅学習で定着させることができないため、その反復学習を授業でせざるを得ません。そうなると必然的に授業で扱える内容は限られてきますから(大抵の場合は基礎の基礎のみになる)、効果は極めて限定的になります。