集団指導塾の留意点

学習塾には集団指導塾と個別指導塾がある。
今回は集団指導塾について書いてみたい。

集団指導塾の場合、学力ごとにクラス分けをしていても、クラス内で生徒間の学力に元から開きがあるのは避けられない。経営の関係上、あまり細分化するわけにはいかないから。

クラス内に成績上位・中位・下位の生徒がいる場合、授業のレベルは上位者に合わせられることが多い。中位の子にはフォローしつつ頑張れば授業についてこられる機会を与え、下位者は放置される。
中位に合わせると上位者は良くて現状維持しかできず、
下位に合わせると授業が簡単すぎてクラス全体のモティベーションに悪影響を及ぼす(聞かなくてもわかる授業は聞く気がしない)。
そうなると塾全体の学力レベルや進学実績に関わる。

特に進学塾の場合、塾全体の学力レベルや進学実績は今後の集客に大きな影響を及ぼす。
だから成績上位者とモティベーションのある一部の中位者を大切にし、彼らを最大限伸ばそうとする。
クラスの士気に関わらない程度にやる気のない中位者と下位者は、塾の経営を支えてくれさえすればそれでよい。

これは少人数指導を謳う学習塾でも変わらない
学力レベルに合った指導ができるのは2名まで、3名以上になると個別指導は成立困難になる。
少人数であっても一斉指導になるなら、授業についてこられない生徒をすくい上げることはまず期待できないと言ってよい。

個別指導塾や家庭教師に比べ、授業料は集団指導塾の方が安い場合が多い。
授業レベルと生徒自身の学力レベルが合っていれば集団指導塾もよいと思う。
特に周囲の影響を受けやすい子なら、クラス全体の士気が高ければ意欲的に勉強するようになることも少なくない。
しかし本人の学力レベルを見定めず、塾の進学実績だけを見て我が子も上位校に入れるかのような夢を抱きつつ入塾させるのは得策とは言えない