「こだわり」とは

「こだわり」。

 

捉え方次第ですが。

 

熱中する、夢中になる。

 

とても良いことですね。

 

好きだからこそ上達する。

 

よくあることですね。

 

そこで今回は、「こだわり」に焦点を当てて、話を進めて行きます。

 

1 「こだわり」の原因

 

なぜ、こだわるのか。

 

好きだから、興味があるから。

 

そのきっかけはいろいろでしょう。

 

勉強においても同じです。

 

小学生くらいで好き嫌いは意外にはっきりします。

 

ちなみに筆者は理科が嫌いでした。

 

先生が合わなかったのかもしれません笑。

 

逆に算数は好きでした。

 

クイズのように捉えられていたのかもしれません。

 

先生が好き、面白いと思った、新しい発見があった。

 

きっかけはさまざまですが、尊重し、伸ばしていきたいですね。

 

2 「こだわり」は伸ばすべき

 

長所を伸ばすだけではダメ。

 

短所も補っていかなければ。

 

よく言われます。

 

このこと自体には賛成です。

 

もっとも、短所にだけ目を向け、長所を伸ばさないのは、とてももったいないことです。

 

先の通り、「こだわり」には原因があるはずです。

 

きっかけ。

 

これを無駄にすることはもったいないですね。

 

夢中な状態は、そう簡単に作り出せるものではありません。

 

3 まとめ

 

長所を伸ばす。

 

短所にも目を向けつつ、長所を最大限に尊重すべきです。

 

子どもの「こだわり」は無視できません。

 

「こだわり」を尊重し、得意にさせてあげたいですね。