個別指導と集団指導

理解力や、教科ごとの好き嫌いは人それぞれ。

個々の事情に合った進め方が必要です。

学校では補いきれないところがある。

そこで外部のサービスを利用することになりますが、個別対応、個別指導のメリットはどこにあるのでしょうか

1 まずはじめに

塾というと、集団塾、個別塾に分類されます。

他方、家庭教師というと個別指導が基本です。

集団と個別。

メリット・デメリットはさまざまです。

比較をしたうえで、検討していく必要がありますね。

2 個別指導のメリット

個別指導のメリットとして考えられることは、2点あります。

1点目は、「弱点を見つけやすい」ことです。

先にも述べましたが、理解力、好き嫌いは個々で異なります。

集団塾や集団指導では、どうしてもあるレベル、ある生徒に合わせなければならないため、個々にとって最適なサービスを受けることはできません。

その点、対応がしやすい、急な変更にも対応してもらえることがメリットと言えます。

2点目は、「集団では質問がしにくい子も質問しやすい」ことです。

個別指導のメリットとして、先生との相性でグンと伸びるという点が挙げられます。

これは、生徒が先生にどんどん質問したいという心理が働くことにより、勉強がはかどることに起因します。

集団では質問しにくい子が、質問をし始める、質問しやすい環境で勉強ができる。

こうした状況になれば、先は明るいと言えます。

3 まとめ

選択の自由。

これがあるがゆえに悩ましいところもありますが、個々の特徴に合わせたより効率の良い指導という点で、個別指導には優位な点が多いです。

オンライン授業の必要性、需要もその状況を後押ししています。

1つの判断材料となれば幸いです。

前の記事

英単語学習法

次の記事

反復のコツ