個別指導塾にはない家庭教師の強み

話は変わりまして、家庭教師について書いてみたいと思います。

成績を上げたいと思った時、まず思い浮かぶのは塾か家庭教師でしょう。
塾には集団指導型と個別指導型がありますが、多くの方が悩まれるのは、個別指導塾か家庭教師かではないかと思います。
私は両方とも指導経験がありますが、授業の質を重視するなら、家庭教師一択であると断定します。

教える側から言いますと、個別指導塾と家庭教師の最大の違いは、ご家庭と教師が取れるコミュニケーションの質量です。

個別指導塾の場合、保護者様とやり取りをするのは基本的に塾長(教室長)ですが、塾長が生徒を直接教えているわけではないので、塾長は講師からの情報を基に対応することになります。
つまり保護者様から見れば、生徒さんのことを良く知っている講師とは直接話すことができません。現状の詳細を聞くのも、要望を伝えるのも、塾長を通すことになります。

一方、庭教師ですと生徒さんを良く知っている先生と保護者様が直接情報交換でき、その子に合った方針や目標を立てるのがより円滑になります
こまめな対話により、目標がどれくらい達成されたかを家庭教師・保護者様・生徒様と共に検証し、それを授業に反映させられますから、授業の質が向上します。
また、そうした対話によって保護者様の心配や不安を軽減することができます。

こういった点が個別指導塾では不十分なのです。